2021.04.02

サクッとジューシー!とり天の人気レシピ

外はサクサク、中はしっとりジューシーな、とり天の人気レシピをご紹介します。おかずとしてはもちろん、そばやうどんのトッピングにもぴったりです。下味に漬け込むのは、わずか10分程度。衣には天ぷら粉を使うので、短時間で手間なくつくれます。鶏むね肉を使うため、火が通りやすく、少ない油で揚がるのもうれしいポイントです。

■冷めてもおいしい!とり天の人気レシピ(調理時間:20分)



短時間で手軽につくれる、とり天の人気レシピです。肉をそぎ切りにし、軽く下味をつけるのが、おいしく仕上げる最大のポイント。パサつきがちな鶏むね肉も、この方法ならふんわりやわらかです。冷めてもおいしいので、おつまみやお弁当にもおすすめ。

■材料(2人分)



・鶏むね肉……1枚(約300g)
・A水……大さじ2杯
★A純米料理清酒……大さじ1杯
・A砂糖……小さじ1杯
・A塩……小さじ1/2杯
★A香りが贅沢な 生しょうが…小さじ1杯
★天ぷら粉……100g
★キャノーラ油……適量

★=セブンプレミアムです。

■コツ・ポイント

鶏肉を切る際は、包丁を斜めに入れ、そぎ切りにしましょう。
天ぷら粉は、規定量よりも気持ち少なめの水で溶くのがおすすめです。こうすることで、衣がしっかりとつきます。
そのままでもじゅうぶん味がしますが、お好みで天つゆをつけてお召し上がりください。

■つくり方

1. 鶏むね肉に下味をつける

鶏むね肉を6等分のそぎ切りにします。

ポリ袋にAを混ぜ合わせ、鶏むね肉を入れます。袋の上から手でもみ、10分ほど漬けておきます。

2. 衣をつけ、揚げる

天ぷら粉に、規定量よりも気持ち少なめの水(分量外)をそそぎ、菜箸で軽くかき混ぜます。フライパンに高さ1cmほどのサラダ油を入れ、中火で熱します。

鶏むね肉の水気をキッチンペーパーで軽く拭き取ります。衣にくぐらせ、油の中に次々と入れていきます。(フライパンが小さい場合は、何回かに分けて揚げてください。)

1〜2分ほど揚げ、衣のまわりが固まってきたら裏返します。

片面も1〜2分ほど揚げ、中まで火が通ったら取り出します。油を切り、皿に盛り付ければ完成です。

■使用した食材はこちら

純米料理清酒 500ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=5842
価格:税込382円

国産米を100%使用した、上品な香りの料理用清酒です。肉や魚のくさみ消しから料理の隠し味まで、あらゆる調理に役立ちます。風味を損なわないうちに消費しやすい、小容量サイズです。

香りが贅沢な 生しょうが 40g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=321
価格:税込138円

しょうがを粗くすりおろし、使いやすくチューブ詰めにしました。さわやかな風味が特徴で、シャキシャキとした繊維感が楽しめます。素材の下味はもちろん、麺類や鍋物の薬味にもおすすめです。

天ぷら粉 400g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=174
価格:税込181円

水を加えるだけで天ぷらがつくれる、手軽で便利な天ぷら粉です。米粉入りなので仕上がりが軽く、冷めてもおいしいのが特徴。えびやなすなどの天ぷらだけでなく、かきあげにも最適です。

キャノーラ油1000g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=164
価格:税込278円

炒め物や揚げ物には欠かせない、サラッと軽い風味のキャノーラ油です。味や風味にクセがなく、和・洋・中ジャンルを問わず、あらゆる料理に役立ちます。たっぷり1000g入りで、日々の調理に大活躍です。

■とり天レシピをマスターして、献立のレパートリーに!

サクッとジューシーなとり天は、子どもにも大人にも大人気。時間と手間がかかるイメージですが、こちらのレシピならとっても簡単です。皆さんもつくり方をマスターして、ぜひ献立のレパートリーに取り入れてください。

※20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類の販売はいたしません。
※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2021年4月1日現在の情報です。

TOPへ戻る