2021.04.18

旨味たっぷり。牡蠣のオイル漬けの基本レシピ

牡蠣を使った料理は一見難しく感じるかもしれませんが、今回は調理が簡単な牡蠣のオイル漬けをご紹介します。おつまみやおかずとして食べるほか、パスタのトッピングにも。シンプルな味付けでアレンジしやすいため、つくり置きにおすすめです。

■そのままでもアレンジでも!牡蠣のオイル漬けの基本レシピ(調理時間30分)

オリーブオイルを使った牡蠣のオイル漬けです。ハーブ類は使わないシンプルなレシピで、和・洋・中のジャンルを問わず、さまざまな料理に活用できます。簡単につくれますので、おつまみやあと一品ほしいときの常備おかずとしてもおすすめです。

■材料(2~3人分)

・生かき(加熱用)……150g
・塩……大さじ1杯
・水……500ml
★特選 丸大豆しょうゆ……大さじ1/2杯~1杯
・にんにく……1片
・唐辛子……1本
★エクストラバージン オリーブオイル……80ml

★=セブンプレミアムです。

■コツ・ポイント

牡蠣の下処理にはいろいろな方法がありますが、今回は一番手軽な塩を使った方法で行います。塩水に入れて汚れやぬめりを取り除き、水を何度か換えて洗うことで牡蠣の旨味だけを残すことができます。やさしく取り扱い、手早く洗うようにしましょう。

■つくり方

下準備

にんにくは薄切りに、唐辛子は輪切りにします。

1.牡蠣を洗う

ボウルに塩と水を入れて塩水をつくり、牡蠣を入れてやさしくかき混ぜて洗います。ひだの部分は指でやさしく洗いましょう。汚れが浮いてきたら水を流し、きれいな水(分量外)を加えて洗うことを2~3回繰り返します。

ザルにあけて水分を切り、さらにペーパータオルで拭いてしっかりと水分を取ります。

2. 牡蠣を焼いて漬ける

フライパンに薄くオリーブオイル(分量外)をひき、牡蠣を並べて強火で両面を焼きます。

水分がなくなってきたら弱火にし、しょうゆを入れて絡めて3分ほど炒めたら、火を止めて冷まします。

清潔な容器(保存瓶)に加熱した牡蠣を入れ、にんにく、唐辛子、オリーブオイルを加えたらできあがり。冷蔵庫に入れて保存し、1週間ほどで食べ切りましょう。

■使用した食材はこちら

特選 丸大豆醤油 500ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=4640
価格:税込203円

遺伝子組み換えをしていない丸大豆を使用した特選しょうゆです。まろやかな風味が特徴で、料理の下ごしらえから味付け、卓上での使用まで幅広くお使いいただけます。風味のよいうちに使い切りやすい、500ml入りです。

エクストラバージン オリーブオイル 250g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=145
価格:税込429円

オリーブの持つフレッシュでフルーティーな香りにこだわった、エキストラバージンオリーブオイルです。ドレッシングやマリネなどの生食だけでなく、パスタや炒めものなどの加熱調理にも向いています。使いやすい手ごろなサイズも魅力です。

■簡単&おしゃれな牡蠣のオイル漬け!

牡蠣を使った料理というと、ちょっと手間がかかるイメージがありますが、牡蠣のオイル漬けなら簡単につくれます。このままおつまみとして食べたり、バゲットにのせたりパスタや炒めものに使ったりとアレンジもいろいろ。オイルだけが余っても、牡蠣の旨味がたっぷりと溶け込んでいるので、捨てずに活用してみましょう。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2021年4月9日現在の情報です。

TOPへ戻る