ヨーグルトのおすすめ消費レシピ13選。カレーやケーキ、ドリンクなど(1ページ目)

2023年05月30日 更新

ヨーグルトのおすすめ消費レシピ13選。カレーやケーキ、ドリンクなど

■おかずからスイーツまで!ヨーグルトの消費レシピを紹介

 

みなさんこんにちは。“料理は楽しく!”がモットーのpomipomiです。筆者はヨーグルトが大好き。レーズンやアーモンド、オートミールを入れて、毎日必ず食べています。よって切らさないように常備しているのですが、つい買い込みすぎてしまい「賞味期限が間近……」と慌てることもしばしば。

そんな時に助かるのが、本記事でご紹介するヨーグルトの消費レシピ13選です。あとひと品ほしい時はサラダを、甘いものが食べたい時はケーキをと、シーンに合わせて使い分けをしています。

おいしくて簡単なものばかりなので、みなさんにもぜひ共有させてください。覚えておくと、日々の食卓で役立つこと請け合いですよ。

■【おかず系】ヨーグルトの人気活用レシピ7選

混ぜるだけチンするだけ。蒸し野菜のヨーグルトソース添え

 

調理時間:15分(※ヨーグルトの水切り時間は含みません)

水切りしたヨーグルトに白みそやオリーブオイル等を合わせれば、さっぱりとしつつもコクのあるソースが完成。オクラやブロッコリー、にんじんなど、蒸し野菜と相性ばっちりです。ソースは混ぜるだけ、野菜はレンチンするだけなので、むずかしい工程は一切なし。わずか15分でできるため、あとひと品やおつまみに重宝しますよ。

【レシピはこちら】

https://7premium.jp/recipe/search/detail?id=10108

                    

お肉ほろほろ。バターチキンカレー

 

調理時間:40分(※鶏肉を漬け込む時間は含みません)

まろやかな甘みとコクのある味わいが魅力のバターチキンカレー。鶏肉をヨーグルトに漬け込み、ほろほろに仕上げるのがおいしさの決め手です。簡単なのに手が込んで見えるため、筆者は来客時のおもてなしシーンでよく作ります。ほとんど辛くないので、子どもからお年寄りまでみんなに大人気!

【レシピはこちら】

https://7premium.jp/blog/detail?id=1400

                      

甘酸っぱさがあとを引く。フルーツサラダ

 

調理時間:15分(※ヨーグルトの水切り時間は含みません)

子どもの頃に給食でよく食べたフルーツサラダ。大人になってあの味が恋しくなり、たどり着いたのがこちらのレシピです。水切りしたヨーグルトにはちみつやマヨネーズを加えてソースを作り、フルーツと合わせればできあがり。絶妙な甘酸っぱさがあとを引き、食べる手が止まらなくなってしまいます。カレーやパスタの付け合わせにおすすめ。

【レシピはこちら】

https://7premium.jp/blog/detail?id=669

                 

パンに挟んでも美味。タンドリーチキン

 

調理時間:20分(※鶏肉を漬け込む時間は含みません)

鶏肉をヨーグルトやスパイスに漬け込んでフライパンで焼けば、インドの定番料理「タンドリーチキン」ができあがり。前の晩に仕込んでおくと、当日は仕上げるだけなので簡単です。さわやかな酸味が食欲を刺激し、一度食べたらやみつき必至。そのままはもちろん、ピタパンに挟んだり、トルティーヤで巻いたりしてもおいしくいただけます。

【レシピはこちら】

https://7premium.jp/recipe/search/detail?id=10016

            

 クセになるおいしさ。オクラ入りカレー

 

調理時間:20分

とろりとした口当たりが楽しい、オクラ入りのカレーレシピ。仕上げにヨーグルトを加え、さわやかな酸味をプラスするのが調理のポイントです。ひき肉で作るため、少ない煮込み時間でパパッと完成。忙しい日のお助けメニューに重宝します。「カレーにオクラを入れるなんて意外!」と思われがちですが、ひと口食べたらクセになるおいしさ。

【レシピはこちら】

https://7premium.jp/recipe/search/detail?id=9926

            

おつまみからおやつまで。簡単ナチョス

 

調理時間:15分

市販のタコスミートを活用して作る、簡単豪華なナチョスレシピ。仕上げに水切りヨーグルトをのせて、さっぱりとした酸味をプラスするのがおいしさの決め手です。サクサクのトルティーヤにチリコンカンやチーズ、ヨーグルトが絡み、口の中で得も言われぬハーモニーを奏でます。ビールのお供から子どものおやつまで、幅広く大活躍。

【レシピはこちら】

https://7premium.jp/recipe/search/detail?id=9455

   

パーティーメニューに最適。3種のカラフルディップ

 

調理時間:20分

ヨーグルトにケチャップとチリパウダーを混ぜれば、見た目のきれいなピンク色のディップが完成。緑色の枝豆ディップ、黄色のツナカレーディップを一緒に添えると、食卓がより華やかに彩られます。バゲットに塗って味わうもよし、野菜スティックをくぐらせても美味。カラフルなので、パーティーメニューにおすすめです。

【レシピはこちら】

https://7premium.jp/recipe/search/detail?id=9046

関連キーワード

おすすめ記事

蒸し器で作る!カスタードプリンの基本レシピ

2021.08.23

蒸し器で作る!カスタードプリンの基本レシピ

■蒸し器でなめらか。カスタードプリン(調理時間:30分 ※粗熱を取り冷やす時間は含みません) 卵とミルクのやさしい甘さとカラメルソースのほろ苦さが楽しめる、なめらかなカスタードプリンです。弱火でじっくりと蒸して、食感よく仕上げましょう。 ■材料(4~5個分) ★こだわり新鮮たまご…&h

レンジで簡単!冷凍なすでつくる「なすの煮浸し」のレシピ

2023.01.20

レンジで簡単!冷凍なすで作る「なすの煮びたし」のレシピ

■レンジで簡単!冷凍なすで作る「なすの煮びたし」のレシピ(調理時間:4分) とろっとやわらかな食感が楽しめる「なすの煮びたし」のレシピです。冷凍なすを使うため、アク抜き不要でとっても簡単!また冷凍なすは味が染み込みやすかったり、短時間で火が通ったりとさまざまなメリットがあります。

水っぽくならない!冷凍ブロッコリーの上手な解凍方法&おすすめレシピ

2023.02.16

水っぽくならない!冷凍ブロッコリーの上手な解凍方法&おすすめレシピ

■水っぽくならないブロッコリーの解凍方法は? 常備しておくとなにかと重宝する冷凍ブロッコリーですが、解凍方法によっては房が水っぽく茎がしんなりとなり、おいしさが半減してしまいがちです。そこでこの記事では、食感やおいしさをキープできる、フライパンで蒸す解凍方法をご紹介します。とて

お店の味をおうちで。簡単「チョコレートマカロン」のレシピ

2022.11.24

元パティシエが作る「チョコレートマカロン」のレシピ。失敗しないコツ教えます!

■元パティシエが作る「チョコレートマカロン」のレシピ。失敗しないコツ教えます!(調理時間:90分) サクサクのマカロン生地に、濃厚なガナッシュをサンドするチョコレートマカロンのレシピです。マカロンをおうちで作るのはむずかしいですが、紹介しているコツやポイントをきちんと守れば本格的

おすすめ特集