2021.06.01

簡単おいしい!「豚バラトマト巻き」のレシピ

調理時間わずか20分で完成する、「豚バラトマト巻き」のレシピをご紹介します。まな板や包丁を使わず、巻いて焼くだけの簡単メニューです。味付けはポン酢とみりんにお任せなので、誰でも失敗知らず。外はカリッ、中はジューシーで、思わずクセになるおいしさです。お弁当やおつまみなど、幅広いシーンでお試しください。

■ごはんが進む!豚バラトマト巻きのレシピ(調理時間:20分)

簡単なのに手が込んで見える豚バラトマト巻き。日々のおかずからおもてなし料理まで、さまざまなシーンで活躍する万能レシピです。ジュワッとあふれるトマトの果汁が、豚肉の旨味とベストマッチ。ごはんがどんどん進みます。

■材料(3〜4人分)

・豚バラ肉(薄切り)……16枚
・ミニトマト……16個
・片栗粉……適量
・サラダ油……適量
★A味付けぽんず……大さじ2杯
★A純米本みりん……大さじ2杯
★A香りが贅沢な 生にんにく……小さじ1杯
★A有機白いりごま……大さじ1杯

★=セブンプレミアムです。

■コツ・ポイント

豚肉に片栗粉をまぶしたら、手でキュッと押さえて、肉の巻き終わりを密着させてください。(豚肉が入っていたトレーを利用して片栗粉をまぶすと、洗い物が少なくて済みます。)
揚げ焼きの際は、豚肉の巻き終わりが焼き固まるまで触らないようにしましょう。
豚肉に火が通ったら、フライパンの油を拭き取ってから調味料を入れてください。

■作り方

1. ミニトマトを豚バラ肉で巻く

ミニトマト1個に対し、1枚の豚バラ肉を巻き付けます。(豚肉の隙間からトマトが見えないように巻いてください。)

片栗粉を全面に薄くまぶし、手でキュッと押さえます。

2. フライパンで揚げ焼きにする

フライパンの底一面にサラダ油をそそぎ、中火で熱します。豚肉の巻き終わりを下にして、並べ入れます。

底面が焼き固まったら、コロコロと転がしながら全面に火を通します。

カリッと焼けたらいったん火を消し、キッチンペーパーでフライパンの油を拭き取ります。

3. 味付けをする

フライパンの空いているスペースにAを入れ、中火にかけます。フライパンを揺すり、豚肉の全面に味を絡ませれば完成です。

■使用した食材はこちら

味付けぽんず 360ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=353
価格:税込170円

超特選醤油と天然の昆布だしを使用した、奥深い味わいのゆずポン酢です。さわやかな風味とまろやかさが特徴で、料理の味を引き立てます。湯豆腐や焼き魚と相性バッチリです。

純米本みりん 500ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=4229
価格:税込327円

煮物・煮魚・照り焼きと、和食づくりには欠かせない本みりんです。お米本来の旨味を活かし、自然な甘さを引き出しました。料理のつや出しや煮くずれ防止にも役立ちます。

香りが贅沢な 生にんにく 42g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=318
価格:税込138円

素材の下味や刺し身の薬味など、さまざまな料理に活用できる生にんにくです。粗おろしなので、贅沢な香りと味わいが楽しめます。最後まで絞れるチューブと開封しやすいキャップを採用しました。

有機白いりごま 75g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=4867
価格:税込213円

鉄製釜でじっくりと焙煎し、ふっくら香ばしく仕上げた白いりごまです。チャック付きパッケージ入りで、開封後の保存に便利。厳しい品質管理基準をクリアした、有機栽培のごまを使用しています。

■豚バラトマト巻きは忙しい時にぴったり!

手軽でおいしいのはもちろん、食べごたえも満点な豚バラトマト巻き。ひと口頬張れば、加熱されたトマトの甘味が口いっぱいに広がります。豚バラ肉の旨味を活かしつつ、ポン酢であっさりと仕上げるのがポイント。フライパン一つでサッとつくれるので、忙しい時に大助かりのメニューです。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※表示価格は8%の消費税額を加えた税込価格となります。(酒類等の軽減税率対象外商品は10%の消費税を加算)
※店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2021年6月1日現在の情報です。

TOPへ戻る