きくらげと卵の中華炒めのレシピ。乾燥きくらげを上手に戻すコツも!

炒め物

調理時間

:15分(※乾燥きくらげを戻す時間は含みません)

コリコリふわふわの食感が楽しい、きくらげと卵の中華炒めのレシピです。ごはんがすすむしっかりめの味付けで、ラーメンや焼きそばの付け合わせにぴったり。ビールや焼酎のお供にもおすすめです。

きくらげの下ごしらえを除けば、調理にかかるのはわずか10分ほど。パパッと簡単に作れるため、もうひと品に重宝します。乾燥きくらげを常備しておけば、あとは身近な材料で作れるのも魅力!

食材

きくらげと卵の中華炒めのレシピ。乾燥きくらげを上手に戻すコツも!

 

 

【2人分】

 

★=セブンプレミアムです。

  

Aにんにく(すりおろし)

小さじ1杯

A酒

小さじ1杯

こしょう

少々

ごま油

大さじ1/2杯

サラダ油

大さじ1杯

乾燥きくらげ

6g

少々

作り方

  1. 1

    以下の下ごしらえをします。

    ・乾燥きくらげは水かぬるま湯で戻しておく

    ・戻したきくらげに石づきが付いていれば切り落とす

  2. 2

    下ごしらえをしたきくらげを食べやすい大きさに切ります。

    きくらげと卵の中華炒めのレシピ。乾燥きくらげを上手に戻すコツも!
  3. 3

    ボウルに卵を割り入れて塩・こしょうを振り、よく溶きほぐします。

    きくらげと卵の中華炒めのレシピ。乾燥きくらげを上手に戻すコツも!
  4. 4

    フライパンにサラダ油を入れて中火にかけ、卵液を流し込みます。卵の淵が固まってきたら、菜箸で大きくかき混ぜて半熟状に焼きます。一旦皿に取り出します。

    きくらげと卵の中華炒めのレシピ。乾燥きくらげを上手に戻すコツも!
  5. 5

    フライパンの汚れをキッチンペーパーで拭き取り、ごま油を入れて中火にかけます。油が温まったらきくらげを入れ、30秒ほど炒めます。乾燥きくらげは水で戻した時点で食べられるため、油が回るまでサッと炒めればOKです。

    きくらげと卵の中華炒めのレシピ。乾燥きくらげを上手に戻すコツも!
  6. 6

    Aを加え、調味料がなじむまで軽く炒め合わせます。炒めすぎないことがコリコリの食感に仕上げる秘訣です。

    きくらげと卵の中華炒めのレシピ。乾燥きくらげを上手に戻すコツも!
  7. 7

    卵を戻し入れ、軽くほぐしながらサッと炒め合わせます。

    きくらげと卵の中華炒めのレシピ。乾燥きくらげを上手に戻すコツも!
  8. 8

    皿に盛り付ければ完成です。

    きくらげと卵の中華炒めのレシピ。乾燥きくらげを上手に戻すコツも!
  9. ポイント・コツ

    卵を焼いたら一旦取り出し、最後にきくらげと炒め合わせるのがポイント。ふんわりとした食感に仕上がります。彩りをプラスしたい場合はトマトを、食べごたえをアップしたい場合は豚肉を加えて作るのがおすすめです。

■乾燥きくらげの上手な戻し方

乾燥きくらげをおいしく戻す方法をご紹介します。マスターすれば、ほかの料理にも活用できて便利!

                                                                                                                                                                                              

1. ボウルにきくらげを入れて水をたっぷりとそそぎ、6時間ほどそのまま置いてじっくりと戻します。急いでいる場合は、40度くらいのぬるま湯に15〜30分ほどで浸して戻しても構いません。熱湯に浸すと栄養が失われやすいため、なるべく水かぬるま湯で戻しましょう。

                                                                                                                                                                                              

 

                                                                                                                                                                                              

2. きくらげが戻ったら、ザルにあげて水気を切ります。

                                                                                                                                                                                              

 

                                                                                                                                                                                              

3. きくらげの石づきは硬くて口当たりが悪いため、付いていれば包丁で切り落とします。

                                                                                                                                                                                              

                                                                                                                                                                                              

■乾燥きくらげの代わりに生きくらげを使ってもOK

レシピでは乾燥きくらげを使用しましたが、生のきくらげでもお作りいただけます。その場合は2人分につき60g使用し、きくらげの石づきを切ったあとに一旦水洗いをしましょう。

また乾燥きくらげは水戻しすれば食べられますが、生きくらげは加熱処理が必要です。しっかり火が通るまで炒めてください。

                                

■きくらげと卵の中華炒めはあらゆるシーンで大活躍

手軽でおいしいきくらげと卵の中華炒めは、覚えておくと便利なレシピ。あとひと品やおつまみに重宝すること間違いなしです。基本レシピをマスターしたら、具材のアレンジにも挑戦してみましょう。なお乾燥きくらげは常温で日持ちするので、常備しておくのがおすすめですよ。

             

写真・文/pomipomi

ライター/料理愛好家

簡単レシピからちょっと手の込んだメニューまで、“おいしい&美しい”をテーマにさまざまな料理を研究しています。大切な人の「おかわり!」が私の元気の源です。

https://kitchenbonita.net/

                                                                                                                                                                                              

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。

※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。

※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。

※表示価格は8%の消費税額を加えた税込価格となります。(酒類等の軽減税率対象外商品は10%の消費税を加算)

※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。

※20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類の販売はいたしません。

※はちみつは、1歳未満の乳児には与えないでください。

※2023年1月6日現在の情報です。