「たいせつにつくる、たいせつに食べる」賢者のレシピ

2022.06.01

賢者のレシピ|タサン志麻さんレシピ第3弾

今月はタサン志麻さんの
オリジナルレシピです。

豆腐バーの肉巻き

豚バラのコクと豆腐のあっさりした味わいに甘めのタレが食欲を掻き立てます。豆腐バーは「和風だし」・「柚子胡椒」・「枝豆とひじき」の3種類を使用しているので一皿で異なった味わいを楽しめます。

〈食品ロス削減ポイント〉

材料は全て使い切りなので無駄がありません!

レシピを見る

豚肩ロースのソテー ごぼうソース

柔らかく赤身と脂身のバランスの取れたロース肉に、シャキシャキしたごぼうの食感と胡麻の風味、そこに白ワインの程よい酸味が効いたソースがよく合います。

〈食品ロス削減ポイント〉

付け合わせの野菜は皮や茎ごと調理することで栄養価も高く摂れます。

レシピを見る

メロンと生ハムのスープ

メロンとヨーグルトをベースとしたこれからの季節にぴったりな爽やかなスープです。生ハムの塩味がメロンの甘さを際立たせ、ピリッとした黒胡椒が全体を引き締めます。

〈食品ロス削減ポイント〉

食材の食べ方レパートリーが増えれば、食材を捨てることなく食べ切れます!

レシピを見る

里芋のパルマンティエ

簡単スパニッシュオムレツ

塩鱈のエスカベッシュ

白菜のシュークルート

メカジキのポテサラソース

アボカド明太コロッケ

トマトファルシ

キャベツと豚バラ
ミルフィーユ蒸し

サーモンのワイン蒸し
プティポワフランセーズ 

タサン志麻さんをはじめ、グループ各社の社員が考案した
食品ロス削減レシピをご紹介♪

賢者のレシピは
食材を育てる人も、調理する人も、食べる人も
みんながHAPPYになるレシピです。

天の恵みの食材を、感謝の気持ちを込めて、たいせつに、おいしく、かしこく、ムダなく使って食べる。
そのために生まれたのが「賢者のレシピ」です。料理が得意でも、それほど得意でなくても、
誰もが楽しみながら手軽に、おいしく仕上がります。
さあ、あなたもぜひ、つくってみてください。「賢者のレシピ」。
それは、食材を育てる人も、調理する人も、食べる人も、みんながHAPPYになるレシピです。

賢者のレシピは
食材を育てる人も、調理する人も、
食べる人も
みんながHAPPYになる
レシピです。

天の恵みの食材を、感謝の気持ちを込めて、たいせつに、おいしく、かしこく、ムダなく使って食べる。そのために生まれたのが「賢者のレシピ」です。

料理が得意でも、それほど得意でなくても、誰もが楽しみながら手軽に、おいしく仕上がります。

さあ、あなたもぜひ、つくってみてください。「賢者のレシピ」。それは、食材を育てる人も、調理する人も、食べる人も、みんながHAPPYになるレシピです。

大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業。ミシュランの三ツ星レストランでの研修を修了して帰国後、老舗フレンチレストランなどに約15年勤務。結婚を機に、フリーランスの家政婦として活動開始。各家庭の家族構成や好みに応じた料理が評判を呼び「予約がとれない伝説の家政婦」としてメディアから注目される。

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」でその仕事ぶりが放映され、年間最高視聴率を記録。出版したレシピ本は続々ベストセラーとなり、著者累計190万部を突破。『志麻さんのプレミアムな作りおき』でレシピ本大賞2018 料理部門入賞、『志麻さんの気軽に作れる極上おやつ』でレシピ本大賞2020 おやつ部門準大賞を受賞。

現在は家政婦の仕事に加えて、料理イベント・セミナーの講師や、地方の特産物を活かしたレシピ考案など多方面で活動中。フランス料理やフランス人を通じて学んだ家族の食卓の温かさを、忙しい日本の家族に届けたい一心で、日々、料理と向き合っている。フランス人の夫、3人の子供、2匹の猫と暮らしている。

大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業。ミシュランの三ツ星レストランでの研修を修了して帰国後、老舗フレンチレストランなどに約15年勤務。結婚を機に、フリーランスの家政婦として活動開始。各家庭の家族構成や好みに応じた料理が評判を呼び「予約がとれない伝説の家政婦」としてメディアから注目される。

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」でその仕事ぶりが放映され、年間最高視聴率を記録。出版したレシピ本は続々ベストセラーとなり、著者累計190万部を突破。『志麻さんのプレミアムな作りおき』でレシピ本大賞2018 料理部門入賞、『志麻さんの気軽に作れる極上おやつ』でレシピ本大賞2020 おやつ部門準大賞を受賞。

現在は家政婦の仕事に加えて、料理イベント・セミナーの講師や、地方の特産物を活かしたレシピ考案など多方面で活動中。フランス料理やフランス人を通じて学んだ家族の食卓の温かさを、忙しい日本の家族に届けたい一心で、日々、料理と向き合っている。フランス人の夫、3人の子供、2匹の猫と暮らしている。

TOPへ戻る