公式レシピ

菜の花と生ハムのリゾット

2022.03.01
菜の花と生ハムのリゾット

【セブンプレミアムチーム管理栄養士考案】

野菜の皮や芯、茎などに豊富に含まれるビタミンやミネラルで、普段不足しがちな栄養素を上手に摂取できるレシピです。普段は捨ててしまうような野菜の部位も、煮込むことにより複雑で深みのあるおいしいべジブロス(野菜のお出汁)ができます。冷蔵庫やキッチンにある野菜で試してみませんか?

登録されているカテゴリ

  • ごはん
    どんぶり
  • 春メニュー
  • 賢者のレシピ
材料

<2人分>

・野菜くず(ベジブロス用)※1 250g(両手いっぱい程度)
・水 1000ml
・酒 小さじ1
・米(胚芽米・玄米も◎) 1合
・余り野菜、きのこなど(具材用)※2 200g程度
・菜の花 150g
・塩 適量
★生ハムロース 40g程度(1パック)
・黒こしょう 少々
★エクストラバージンオリーブオイル 適量
★パルメザンチーズ 適量

★=セブンプレミアムです。
※1:玉ねぎや人参の皮、セロリの葉、ブロッコリーの茎、ピーマンのヘタ等捨ててしまう部分の野菜。えぐみの強い独特の風味のある野菜は、全体の3割程度までがおすすめです!
※2:玉ねぎ、セロリ、白菜、大根、人参、えのきなど余りがちな野菜(お好みで)

作り方

鍋に水と酒、野菜くず(よく洗ったもの)を入れて火にかけ、沸騰したら弱火で20~30分煮て、ベジブロス(野菜出汁)を作る。

鍋に水と酒、野菜くず(よく洗ったもの)を入れて火にかけ、沸騰したら弱火で20~30分煮て、ベジブロス(野菜出汁)を作る。

1.を煮ている間に、菜の花以外の野菜などを全てみじん切りにし、オリーブオイルを引いた鍋で炒める。

1.を煮ている間に、菜の花以外の野菜を全てみじん切りにし、オリーブオイルを引いた鍋で炒める。

米を目の細かいザルに入れ振るい、ごみなどを落としてから、洗わずに2.に加え、米が透き通るまで炒める。

米を目の細かいザルに入れ振るい、ごみなどを落としてから、洗わずに2.に加え、米が透き通るまで炒める。

1.が煮終わったら、ザルなどを使って漉し、ボウルにベジブロス(野菜出汁)をとる。

1.が煮終わったら、ザルなどを使って漉し、ボウルにベジブロスをとる。

3.の米が透き通ってきたら、4.のベジブロス(野菜出汁)を入れて、中火で5分~10分お好みの硬さになるまで煮込む。

3.の米が透き通ってきたら、4.のベジブロス(野菜出汁)を入れて、中火で5分~10分お好みの硬さになるまで煮込む。

5.を煮込んでいる間に、菜の花は食べやすい大きさに切り、塩少々を加えた沸騰したお湯で1分茹で、ザルにあける。

5.を煮込んでいる間に、菜の花は食べやすい大きさに切り、塩少々を加えた沸騰したお湯で1分茹で、ザルにあける。

5.の米に火が通ったら塩で味を調え、火を止める。

5.の米に火が通ったら塩で味を調え、火を止める。

皿に7.のリゾットを盛って6.の菜の花を乗せ、中央に生ハムを飾る。オリーブオイルを回しかけ、パルメザンチーズ、黒こしょうを振って完成。

皿に7.のリゾットを盛って6.の菜の花を乗せ、中央に生ハムを飾る。オリーブオイルを回しかけ、パルメザンチーズ、黒こしょうを振って完成。

<POINT>ベジブロスに使う野菜を選ぶときは、えぐみの強い独特の風味のある野菜のくずは、全体の3割程度までがおすすめです!

<POINT>
ベジブロスに使う野菜を選ぶときは、えぐみの強い独特の風味のある野菜のくずは、全体の3割程度までがおすすめです!

レシピ一覧へ

TOPへ戻る