2021.09.24

おうちで絶品。うまみたっぷりやわらか「煮あなご」のレシピ

ふっくらやわらかで、深いうまみが楽しめる「煮あなご」のレシピをご紹介します。そのままおつまみとして、またごはんにのせて丼にするのもおすすめです。あなごの下処理の仕方や形よく仕上げるコツをぜひチェックしてください。

■煮詰めたタレをかけて。ふっくら煮あなご(調理時間:40分)

ふっくらとしたうまみたっぷりの煮あなごです。ぬめりをしっかりとってから調理することで、くさみなく仕上がります。みりんを入れるので煮崩れの心配もなし!やわらかく煮上げたあなごに煮詰めたタレをかけていただきましょう。お好みで山椒をふるのもおすすめです。

■材料(2人分)

・あなご(開いてあるもの)……2尾
・水……300ml
料理酒……100ml
こいくち醤油……大さじ2と1/2杯
純米本みりん……大さじ2杯
・中ザラ糖……大さじ2杯

★=セブンプレミアムです。

■コツ・ポイント

あなごを煮たあと鍋に入れた状態で冷ますと、身が丸まったまま形づいてしまいます。温かいうちにバットに取り出し、身を広げて平らにならしましょう。

■下準備

あなごの湯引きをするため、鍋にたっぷりの湯(分量外)を沸かしておく。

■作り方

1.あなごの頭と背びれ・腹びれを取り除く

頭の付け根にある骨の下に包丁を入れ、頭を切り落します。

開いてある身を元の形に戻し、尾の先から包丁で背びれに沿って切り込みを入れます。背びれを指でつまんで斜め手前に引っ張り、包丁をそのまま頭の方向に切り進めます。キッチンペーパーで背びれを挟んでつまむと滑りにくくなり、作業がしやすくなります。
同様にして、腹びれも取り除きます。

身の長さを半分に切ります。

2.あなごのぬめりを取る

用意しておいた熱湯にあなごをさっとくぐらせ、冷水に放ちます。

白く固まったぬめりを包丁でこそげ落とし、流水で洗ってキッチンペーパーで水気を拭き取ります。

3.あなごを煮る

鍋に水・酒・みりん・中ザラ糖・しょうゆの半量を入れて火にかけ、ひと煮立ちしたらあなごを入れます。ふたたび煮立たせるとアクが出てくるので丁寧にすくい取ります。

落とし蓋をして弱めの中火で10分ほど煮たら、残りのしょうゆを加えてさらに10分煮ます。

身が崩れないように気をつけながら、鍋からバットに取り出します。丸まっている身をやさしく広げ、形を整えて冷まします。

4.たれを煮詰める

煮汁を火にかけ、とろりとするまで煮詰めます。

5.盛り付ける

あなごの身を皿に盛り付け、煮詰めたタレをかけて完成です。

■使用した食材はこちら

料理酒 1000ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=269
価格:税込203円

独自酵母による芳醇な香りが特徴の料理酒です。国産うるち米を使用し、風味豊かに仕上げました。料理にうまみやコクをプラスして、魚や肉のおいしさを引き立てます。

こいくち醤油 1000ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=166
価格:税込149円

本醸造方式で仕上げたこいくち醤油です。色・味・香りのバランスがく、刺身やおひたしにはもちろん、煮物や炒め物の味付けなど幅広くお使いいただけます。遺伝子組換え大豆不使用です。

純米本みりん 500ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=4229
価格:税込327円

国産米を100%使用した本みりんです。お米から生み出された奥深い甘みとうまみが特徴。野菜や肉・魚などの煮崩れを防ぎ、照りやツヤをプラスします。

■コツを押さえてふっくら煮あなごを作ろう

おいしい煮あなごに仕上げるには、くさみの原因になるぬめりを取ることが大事なポイント。丁寧な下処理で、できばえや味わいに差がつきます。ぜひご家庭で絶品煮あなごを作ってみてください。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※表示価格は8%の消費税額を加えた税込価格となります。(酒類等の軽減税率対象外商品は10%の消費税を加算)
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類の販売はいたしません。
※はちみつは、1歳未満の乳児には与えないでください。
※2021年9月20日現在の情報です。

TOPへ戻る